ロゴ
HOME>口コミ>下肢静脈瘤は手術で改善できる【治療者の口コミをご紹介】

下肢静脈瘤は手術で改善できる【治療者の口コミをご紹介】

下肢静脈瘤

足の血管がボコボコしたり、常にだるい感じが続いている場合、下肢静脈瘤の可能性が考えられます。下肢静脈瘤は手術をすることで改善できる病気であるため、早めに治療を受けると良いでしょう。また、レーザー治療を受けた人の声を参考にしてみると良いです。

みんなの口コミ

レーザー治療できれいになりました!【40代 女性】

半年ほど前に太ももの裏側に痒みがあり掻いていると、皮膚の感じがボコボコしていたので鏡で見てみると、血管が皮膚に浮き出た状態になっていました。どうして今まで気づかなかったのだろうと不思議に思うぐらい目立つ膨らみでした。これはただ事ではないと病院で診てもらうと、下肢静脈瘤と診断されました。このまま放置しても大丈夫だと言われましたが、見た目的に納得できないので手術を受けることにしました。一泊二日でレーザー手術を受けましたが、手術当日から歩けるぐらい軽いものでした。痛みも少なく、体に負担が少ないのも良かったです。傷跡もほとんど目立たず、きれいな足に戻れました。保険も適用されたので、費用もそれほど掛かりませんでした。

手術のおかげで足のだるさから解放されました【50代 女性】

2年ほど前から、足にだるさを感じていました。何か筋肉性の病気なのだろうと考えていましたが、病院での診断は下肢静脈瘤でした。手術をすれば治るとのことで、レーザー治療をすすめられたので受けることにしました。膝の内側に針を入れ、レーザーで血管を収縮させるという方法ですが、手術後は日常生活にほとんど支障もなく楽に過ごせました。しばらくは筋肉痛のような痛みが続きましたが、2週間ほどするとその痛みもとれ、足のだるさから解放されているのに気づきました。レーザー手術は成功率が最も高いとのことで安心して受けられました。うっすらと浮き出ていた血管もなくなり、見せる予定はありませんが足の見た目が良くなったのも嬉しいです。